『DOLK』より『進撃の巨人』キャラクタードール「リヴァイ兵長」調査兵団ver.が再登場!



大人気作品「進撃の巨人」よりリヴァイ兵長が、圧巻のリアル造形のキャストドールとして再登場。

 

main

 

2013年にベールを脱いでから6年を経て、様々なバージョンで姿を変えてリリースされてきた「リヴァイ兵長」キャストドールが、記念すべき第1弾目「調査兵団ver.」で再び登場です!
立体機動装置付きの「調査兵団ver.」は多くの再販要望がありながらも長らく叶いませんでしたが、今回初リリースされる「進撃の巨人」エルヴィン・スミス キャストドール の販売を記念し、ついにリヴァイ兵長「調査兵団ver.」の再販売が実現しました。
sub3 sub2

【製品紹介】
キャストドール(球体関節人形)は、その名の通り人間の関節にあたる部分に球体のパーツが入っており、人と同じように腕や足を曲げたりして多彩なポージングをとらせることができます。また、衣装やヘア(ウィッグ)・目の色(アイ)を好みの色や形のものに変更して、自由自在にカスタマイズできるドール製品です。

sub3

第一弾「調査兵団ver.」、第二弾「お掃除兵長ver.」、第三弾「兵長私服ver.」、第四弾「地下街時代ver.」でリリースされたリヴァイ兵長キャストドールシリーズ。
リヴァイ兵長の特徴が忠実に落とし込まれたりアル造形、ハンドペイントによる美しいメイク。より細い繊維を採用し再現されたヘアスタイルと特徴的な三白眼のアイなどを、リアル造形で定評のあるI.O.Sが制作を手掛け「進撃の巨人」リヴァイ兵長が美しく3次元に再現されています。
球体関節人形でしか出せないリアルで滑らかな質感は、フィギュアとはまた違った立体感で美しくリアリティある造形美を表現しています。

sub8 sub7 sub9

◆調査兵団装備
ドールサイズでありながら、劇中のデザインと質感を追求したジャケットはエポレットや襟など隅々まで綿密に作り上げられており、調査兵団のエンブレムはハンドメイドの刺繍仕様。
立体機動装置本体とブレードホルダーはドールサイズに合わせながらも原作の外観を追求し、ホルダーとブレードの着脱ギミックもオミットすることなく忠実に再現しています。さらに、グリップ部分もドールのハンドパーツの形状とサイズにベストフィットする造形に。小さなスケールでありながら細かなディテールにまで手の込んだ、本物さながらの仕上がりとなっています。

sub5 sub10 sub11

【製品情報】

商品名 : 「進撃の巨人」リヴァイ兵長キャストドール (調査兵団ver.)
商品構成 : DOLL 本体、ウィッグ、アイ、お洋服、シューズ、証明書、ボックス、立体機動装置、超硬質ブレード、取扱説明書
素材 : レジン
サイズ全長 : 約60cm
販売価格 : 162,800円(税抜)
予約開始日 : 2019年8月13日(火)19:00
予約締切日 : 2019年9月16日(月)23:59
受注方法 : DOLKオンライン(またはDOLK店舗にて受付)
お届け予定 : 2020年5月頃より順次配送予定
販売サイト : http://dolk.jp
製造元 : I.O.S
販売元 : 株式会社ボーダレス / DOLK

© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

【関連記事】

『進撃の巨人 Season 3』わんこめし「アクリルキーホルダー」、「缶バッジ」、「ミニスタンド」が予約開始

FavoriteLoading気になるリストに追加する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオトメンズをフォローしよう!


NEWSの関連情報


ドールの関連情報


Copyright © 2016 オトメンズ All rights reserved.