『文スト』第27話「荒神は今」の先行カット&あらすじを公開



TVアニメ『文豪ストレイドッグス』より、第27話の先行カット&あらすじが公開されました。

 

 

■第27話の先行カット&あらすじを公開

第27話 『荒神は今』
「羊」の仲間を人質に取られ、太宰と行動を共にする中也。2人は「アラハバキ」による爆発の生存者に聞き込みを行おうとするが、ポートマフィアと敵対する「GSS」の襲撃に遭ってしまう。彼らの向かう先にして、森派に立
つ構成員・蘭堂の屋敷をもまた爆破されたことから、すべてはポートマフィアを仲間割れさせるための対立組織による策謀かと思われた。しかし、蘭堂はこう証言し、その推測を覆す。すなわち「あれは、本当に〝荒神〟だった」と……。

脚本 : 榎戸洋司 絵コンテ : 五十嵐卓哉 演出 : 蓮井隆弘 作画監督 : 萩野美希・細川修平

 

bs27_026_P2.MOV_000002.613 bs27_058_P1.MOV_000003.250 bs27_085_P1.MOV_000005.021 bs27_088_P2.MOV_000013.208 bs27_109_P1.MOV_000001.499 bs27_130_P2.MOV_000004.740

【INTORODUTION】(「十五歳」編)
常人ならざる「異能」の力を持つ者たちを擁する「武装探偵社」と「ポートマフィア」。
二つの組織がしのぎを削る、ヨコハマの〝現在〟。
それより溯ること、七年前――。
ポートマフィアのボス・森鴎外は、煩わしい噂を耳にしていた。
港湾近くの貧民街に、弔ったはずの先代ボスが姿を現したというのだ。
調査を命じられたのは、これが初仕事となる十五歳の太宰治。
太宰は、訪れた街で、ポートマフィアと敵対する
反勢力「羊」の長・中原中也と出会う。
彼と同じ十五歳の少年は「アラハバキ」なるものを追っていた。
神の獣が、地獄より蘇らせし怨恨の亡者。
憤怒の炎に秘められた、語られざる真実とは……?
のちに、名を対なし、裏社会に轟かせる若き原石たち。
無垢なる羊は、何故にしてその身を闇に染めたのか?
これは、「双黒」始まりの物語である。

【CAST】(「十五歳」編)
太宰 治 :宮野真守
中原中也 :谷山紀章
森 鴎外:宮本 充
蘭堂:内田夕夜

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』

【公式サイト】http://bungo-stray-dogs.jp/

【公式Twitter】@bungosd_anime

©朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
©Kafka ASAGIRI,Sango HARUKAWA/KADOKAWA/2019 Bungo Stray Dogs Partners

【関連記事】

『文スト』ぎゅぎゅっとうさみみver.「ちょいデカアクリルキーホルダー」、「ぎゅぎゅっとアクリルキーホルダー」など新作グッズが予約開始

FavoriteLoading気になるリストに追加する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオトメンズをフォローしよう!


NEWSの関連情報


文豪ストレイドッグスの関連情報


Copyright © 2016 オトメンズ All rights reserved.