『キンプリ』第3章2日目舞台挨拶レポートが到着!“お当番回”に熱狂!内田雄馬「感無量です」永塚拓馬「レオとシンクロ」



公開中の「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク」の舞台挨拶が14日、新宿バルト9で行われ、永塚拓馬(西園寺レオ役)、内田雄馬(涼野ユウ役)が登壇いたしました。

2shot 2shot_2 2shot_3 uchida nagatsuka

 

第3章では、永塚演じるレオ、内田演じるユウの“お当番回”がついに描かれました。自身のお当番回について内田は「本当に感無量です。自分が演じるキャラクターを想像するものの、設定からの想像しかないので、このように実際に映像にしていただいて、(レオの)歴史があるということを、みなさんにお届けることが嬉しいです」と笑みを見せた。またプリズムショーについて聞かれると「プリズムジャンプは心の爆発。その人のストーリー人物がぎゅっと詰まっているので見逃してはならぬ。」と強いメッセージを残しました。永塚はレオ回について「台本を読んだときは衝撃を受けました」と話し、「自分にも通ずるところがあったので、だからこそプリズムジャンプのところは、すごく気持ちを込めて飛べたと言いますか、レオとシンクロできるところが多かったです」と語りました。また、ユキノジョウとレオの関係性について「ユキ様は、レオの心の支えになっているんだなということを改めて確認することができたエピソードでした」と振り返りました。

さらに、永塚は劇場版エンディングテーマ「366LOVEダイアリー」ついて「以前、(五十嵐)雅さんが話していたのですが、章が変わるごとに聞こえ方が変わる歌だなと思いました」と口にします。ストーリーが進むごとに、思い出が増え「見え方が変わってきた」と話しました。また、内田は最近キンプリの舞台版でユウ役を務めた廣野凌大と親睦を深めたことを明かし、「舞台チームもすごくキンプリを考えてくれていて、ユウは廣野くんと二人で作っているなと感じた、舞台版と今後も一緒に作品を盛り上げていきたい。」と話し、続けて「それをつなげてくれたのものちろん(五十嵐)雅です!希望の星ですよ。」と舞台版とWキャストを務めた五十嵐をたたえました。

最後に、本作について内田は「第3章になり、物語も進んできました。純粋にキャラクターへの愛を深めていただくのもそうですが、『PRISM.1』というものがここからどうなっていくのか、我らがシンくんもまだ残っておりますので、ぜひとも最後まで楽しんでもらえたら嬉しいです」とコメント。永塚は「レオくんのお当番回ということで、第1作目の頃を思い返すと、こういう日が来るなんて想像もつかなかったと思います。レオくんはみんなにエールを送っているキャラクターだなと思っていたのですが、みんなからもエールを受け取っていたんだなということを感じました。第4章と続くとこれからも応援してもらえると嬉しいです。ありがとうございまました」とコメントを寄せ、幕を閉じました。

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク」舞台挨拶概要
■日程 :4月14日(日)
■会場 :新宿バルト9
■登壇者:永塚拓馬(西園寺レオ役)、内田雄馬(涼野ユウ役)

HP https://kinpri.com/
Twitter @kinpri_PR
(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

【関連記事】

『キンプリ』最新作、第3章公開!寺島惇太「可愛い」を連発!?名古屋初上陸の武内駿輔と初日舞台挨拶

FavoriteLoading気になるリストに追加する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオトメンズをフォローしよう!


KING OF PRISMの関連情報


NEWSの関連情報


内田雄馬の関連情報


永塚拓馬の関連情報


Copyright © 2016 オトメンズ All rights reserved.