『センコロール コネクト』下野紘、宇木敦哉監督が作品の舞台である札幌に凱旋!



マンガ家・イラストレーターとして活躍し、『つり球』、『デジモンアドベンチャー tri.』のキャラクターデザインでも知られるクリエイター・宇木敦哉がほぼ1人で作り上げた本作は、2009 年公開時、ファンの熱狂的な支持を得ました。 プロジェクト開始から10 年……。伝説の第1作と、その直接の続編となる第2作を合わせた『センコロール コネクト』が、新たに私たちの前に姿を現す。緻密に組み上げられたビジュアルセンス、繊細さと凶暴さを併せ持った縦横無尽なアニメーション、そして更にスケールアップし、謎が謎を呼ぶ魅惑的な世界観。前作に続き、音楽は全編 ryo (supercell) が手掛け、公開当日には約6 年ぶりの新曲が主題歌であることが発表され、大きな話題となりました。

 

main sub1 sub2 sub3 sub4

この度、宇木敦哉監督の故郷、作品の舞台にもなっている北海道・札幌にて、舞台挨拶が実施されました。 テツ役の下野紘と、宇木敦哉監督が登壇。前作「センコロール」を札幌の映画館で観たファンが見守るなか、アフレコ時のエピソードや下野をテツ役に選んだ時の印象についてのトークで盛り上がりました。作品の見どころを聞かれると、監督に加え、脚本・作画すべてを手掛ける宇木は、作品に登場する札幌西部にある「『手稲山』のラインが上手く描けた」と話すと、地元トークに会場が沸きました。

また、ユキ役の花澤香菜、シュウ役の木村良平らも札幌に来たかったと下野から宇木監督に伝えられると、既に発表されている「センコロール3」の舞台挨拶の際にぜひと返答。下野からは「次は、なるべく早くお願いします!」とエールが送られました。

最後に宇木監督、下野らから、来場したファンに感謝を伝え、舞台挨拶は終了しました。
舞台挨拶内では、11月1日~4日に新千歳空港ターミナルビルにて行われる『新千歳国際映画祭』のメインビジュアルを宇木敦哉が担当することも発表されました。今後も札幌を拠点にマンガ家としての活動、「センコロール3」の制作を開始する宇木敦哉から目が離せません。

FavoriteLoading気になるリストに追加する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオトメンズをフォローしよう!


EVENTの関連情報


センコロール コネクトの関連情報


下野紘の関連情報


Copyright © 2016 オトメンズ All rights reserved.