アニマルアイドル育成ゲーム『アニドルカラーズ』の声優オーディション グランプリ受賞者のボイスが実装開始!



代々木アニメーション学院(本社:東京都千代田区、代表取締役:橋本 大輝)主催で、株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:津谷祐司)が提供中のアニマルアイドル育成ゲーム「アニドルカラーズ」の新キャラクターボイスを決める代アニ生限定・声優オーディションを仮想ライブ空間SHOWROOMにて開催され、グランプリが発表されました。
グランプリを勝ち取った代々木アニメーション学院の学生達の収録が先日行われ、そのキャラクターボイスが12/5(木)17:00よりゲーム内で実装されたことをお知らせします。

sub1

 

  • グランプリ獲得者

sub2

声優アニソン科 1年 河野 竜也(春宮流伽 役)
Q.実際に収録してみてどうでしたか?
私が想像していたものよりもずっと「職人」という言葉で表せられるような場所だと感じました。
沢山練習して準備をしてきたはずなのに、いざマイクの前に経つと思うように声が出なかったり、感情が乗らなかったりしてしいました。
しかし、その時にプロの声優の方々から沢山励ましのお言葉を頂き、終盤にはとてもリラックスして収録することが出来ました!プロの方々だけではなく、同じ学院生の演技からも色々と勉強することが出来ました!

声優タレント科 1年 最上 あい(キャシー・モリス 役)
Q.実際に収録してみてどうでしたか?
マイクの前に立つまでは緊張していましたが、マイク前では役に集中ができたように思います。
授業中、クラスメイトや先生から見られながら演技をしたり歌ったりしていることが力になっているのかもしれないと感じました。
印象に残ったのは、プロの方々と私たちとの大きな差でした。
滑舌や発声の安定感、自分の演技や声を客観視する力、求められるものに寄せていく力、すぐに判断して形にする力が差だと感じました。早く先輩方のレベルまで上がりたいと心から思いました。

声優タレント科 2年 湊 竜也(編集長 役)
Q.実際に収録してみてどうでしたか?
今回プロの声優の方々とも一緒に収録をさせていただいたのですがプロの方々の演技を見て勉強になりました。
自分との差を感じてより一層身が引き締まる思いです。収録は楽しかったのですが緊張も凄かったですね(笑)

声優タレント科 2年 福島 優衣(事務スタッフ 役)
Q.実際に収録してみてどうでしたか?
すっごい楽しかったです!
一緒に収録させて頂いたプロ声優の先輩方の技術を間近で、生で聞けていつもより身が引りまりました。
自分の頂いたキャラクターの収録時に、色んなご指摘を上の方から沢山頂いた時は、先輩方から「緊張するよね!」「大丈夫!リラックスすればいいよ!」と、優しいお声をかけて下さり本当に感謝でしかありませんでした。
モブキャラやガヤも収録させて頂き本当にいい経験を積めたと思います。
あと、私含めた代アニ生4人と一緒に現場に向かったので沢山話せたし仲良くなれたのでは!と思います。
■アニドルカラーズ公式サイト
https://dream.voltage.co.jp/anidol/
■アニドルカラーズ公式Twitter
https://twitter.com/anidolcolors

FavoriteLoading気になるリストに追加する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオトメンズをフォローしよう!


APPの関連情報


アニドルカラーズの関連情報


Copyright © 2016 オトメンズ All rights reserved.